Menu

閉鎖循環型陸上魚養殖

Home

“陸上”魚養殖のパイオニアとして

今日本で広がりつつある“陸上”魚養殖。

ジャパンマリンポニックスはこの“陸上”魚養殖に黎明期から携わり、日夜技術開発を行ってまいりました。 初期の“陸上”養殖の設備は観賞用や研究用の装置をベースとしていたため、『設備が巨大でコストも高く、商業化に向かないのでは?』と考えられていました。
しかし、我々は海を汚染せず、山間部や砂漠でも養殖が可能なこの“陸上”魚養殖を広め、世界の食料問題の一助となるため、低価格&コンパクトな設備の開発に取り組んでまいりました。

“陸上”魚養殖システムとは?

“陸上”養殖システムは、電気などを利用して、魚の飼育水中の餌、排泄物などの残渣や魚にとって有害な成分を分解・分離することで、飼育水を循環利用できるようにした魚の生産システムです。分離した残渣は野菜の育成に使用することが可能です。
現在、養殖可能な魚は10種類以上、日本全国どこでも設置可能であり、天候に左右されない安定した生産性とトレーサビリティの高さが魅力です。

閉鎖循環型陸上魚養殖

超エコ型“陸上”魚養殖設備

1000万円以下でウナギだと2000匹以上を初心者の方でも養殖できます。レストランなどと提携すれば年間利益200万円以上も可能です。
5m×7m(11坪)から設置可能で、他社にはない独自のサービスも充実。

ジャパンマリンの新型設備

ジャパンマリンポニックスのサービスプラン

①プランニング:

プランニング

お客様のご要望に沿った養殖設備と収益性をご説明、さらにお客様に具体的にイメージして頂けるよう3Dで図面作成

②アフターサービス:

アフターサービス

養殖技術の指導、メンテ・トレーニングも実施、販売先をご紹介